03-6272-6097 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
10:00~18:00

暴行罪 慰謝料

  1. 松田法律事務所 >
  2. 暴行罪 慰謝料

暴行罪 または 慰謝料に関する基礎知識記事や事例

  • 傷害罪傷害罪

    刑法第204条 「人の身体を傷害した者は、十五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。」 傷害罪が成立する条件は、「他人の身体を傷害した」ことです。「傷害」とは『人の生理的機能に障害を加え...

  • 暴行罪暴行罪

    刑法第208条 「暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、二年以下の懲役若しくは三十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。」 暴行罪が成立する条件は、「暴行を加え」ることです。...

  • 協議離婚協議離婚

    ■協議離婚とは 協議離婚とは、夫婦間の話し合いによって離婚条件を確定し、離婚届を提出するという方法です。離婚を考える場合、最初はこの方法での離婚を目指すことになります。 協議では、何を決めるべ...

  • 慰謝料(不貞行為など)慰謝料(不貞行為など)

    ■慰謝料とは 慰謝料は不法行為による損害賠償(709条)の一種で、相手方の不法行為によって生じた精神的苦痛への賠償金のことをいいます。 慰謝料を請求するためには、相手方の具体的な行為を対象とす...

  • 財産分与財産分与

    ■財産分与とは 財産分与とは、夫婦が婚姻期間中に築いた共有財産の分配のことをいいます。共有財産にあたるのは、結婚以降に夫婦で協力して得た財産です。 財産分与には①清算的財産分与、②扶養的財産分...

  • 離婚の種類と手続き離婚の種類と手続き

    離婚の種類は4種類あります。手続きは、最初に協議離婚を目指し、それが失敗すれば調停離婚、それがだめなら審判離婚、裁判離婚……というように進んでいきます。 ■協議離婚 協議離婚は、話し合いによっ...

  • 審判離婚審判離婚

    ■審判離婚とは 審判とは、調停での合意ができそうで、惜しくもできなかった場合に職権で出される判断です。例えば、親権や財産分与については合意があるのに、慰謝料額が決まらないといった場合にだされるこ...

  • 離婚とお金離婚とお金

    離婚とお金の問題には、慰謝料・財産分与・養育費・婚姻費用分担請求などがあります。 ■慰謝料 慰謝料とは、不法行為(民法709条)によって生じた精神的苦痛に対する損害賠償金のことをいいます。離婚...

松田法律事務所が提供する基礎知識

  • 大田区で借金などでお悩みの方は債務整理の経験豊富な弁護士にご相談ください

    大田区で借金などでお悩...

    「数年前から借金を繰り返しており、自己破産すべきか悩んでいる」 「借金を返すために借金をするという状況...

  • 面会交流権

    面会交流権

    ■面会交流権とは 面会交流権とは、離婚により親権を失い、子どもと別居することになった親が、定期的に子ど...

  • 土地の境界線

    土地の境界線

    自分の土地と隣人の土地の境界線を定めておくことは非常に大切です。境界線があることによって、隣人との紛争...

  • 債務整理の流れ

    債務整理の流れ

    債務整理を検討する場合、まずは借金の状況を把握するとことから始めましょう。 多重債務者になると、銀行や...

  • 窃盗罪

    窃盗罪

    刑法第235条 「他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、十年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する...

  • 殺人罪

    殺人罪

    刑法第199条 「人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。」 殺人罪が成立する条...

  • 裁判離婚

    裁判離婚

    ■裁判離婚とは 裁判離婚とは、裁判の判決により離婚を成立させる方法です。裁判所に離婚裁判を訴えた人を原...

  • 暴行罪

    暴行罪

    刑法第208条 「暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、二年以下の懲役若しくは三十万円以下...

  • 自筆証書遺言の保管制度や遺言書作成のルールが緩和された点について

    自筆証書遺言の保管制度...

    上記の相続法における改正ポイントの他にも、遺言に関するルールが大きく変更されました。 遺言は、全てのご...

よく検索されるキーワード

ページトップへ