03-6272-6097 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
10:00~18:00

悩んだらまずは無料相談

解決への道筋を共に探し、今日より素敵な明日になるように

主な取扱業務

離婚

離婚

離婚するときに重要になるのが、親権や養育費、面会交流のような子供の問題、そして、慰謝料や財産分与、婚姻費用分担請求のようなお金の問題です。離婚条件については協議を行い、それでも合意できなければ調停、審判、裁判というように過程をたどることになります。

離婚協議では最初に、何についての決定が必要かを確認し、現在の共有財産の状態などについても調査してみます。そのうえで、各々の条件について自分の妥協点を設定し、協議していきます。協議離婚で話がまとまらなければ、調停や裁判を行うことになります。

離婚を考えるようになったら、こうした交渉や調停・裁判での証拠をある程度抑えておき、お早めに弁護士にご相談ください。

詳しく見る

相続

相続

亡くなった人が残した遺産を受け取ることを相続と言います。亡くなって相続される人を被相続人、遺産を相続する人を相続人といいます。

相続できる親族の範囲は民法で定められており、これに該当する相続人を法定相続人と言います。もっとも、この法定相続人の中でも民法によって相続の優先順位が定められています。ただし、配偶者は、この相続順位とは関係なく、常に相続人となることができます。

被相続人は生前、自分が死んだ時、所有する財産等をどのように処分するかを書面に書き残すことができます。これを遺言と言います。もっとも、遺言が法律上の効果を生じるためには,民法の定める一定の方式に従って書かれていることを要します。

詳しく見る

刑事事件

刑事事件

刑事事件とは、殺人、傷害、窃盗、強姦などの犯罪行為をしたと疑われる者について、警察・検察といった国の捜査機関が介入し、その者が犯罪を行ったのかどうか捜査を行い、裁判において刑罰を科すかどうか等について判断を行う手続のことを言います。

刑罰を科すためには、刑事裁判において、法律で定められた手続きを経ることが必要です。これら刑事事件の手続きは刑事訴訟法によって法的に定められています。そして刑事裁判を起こすことができる(起訴することができる)のは、検察官のみとされています(刑事訴訟法247条:国家訴追主義)。

詳しく見る

債務整理

債務整理

借金は雪だるま式に利息が膨らむため、自分の借金がいくらあるのか正確に把握することが困難です。当然のことですが、自分の借金がどれだけあるのか分からなければ、どういった方法で借金を返済していくのか道筋を探すことはできません。

特に、「債務整理」を行うのであれば、まずは必ず借金の返済状況から見直しを行いましょう。債務整理は債権者と直接交渉をしたり、裁判所に申立てを行うことで借金を整理することができる方法で、具体的には4つの手段が存在します。

どの債務整理の手段が最適なのかは個人によって異なります。
だからこそ、返済状況や借金の正確な金額を把握していることが重要になるのです。

詳しく見る

不動産

不動産

土地や建物のことを不動産と呼びます。不動産を巡る契約の中には、土地や建物を自分の所有物にする「不動産売買契約」と、家賃や地代を支払い土地やアパート・マンションなどを借りる「不動産賃貸借契約」などがあります。

これらの不動産取引は私たちの生活にとって必要不可欠なものであり、高額な金銭取引や権利の移動が行われるため、頻繁に不動産トラブルが発生してしまいます。万が一トラブルに遭ってしまった場合は、トラブルが泥沼化することを防ぐため、早い段階で法的手段で解決を図ることが大切です。

詳しく見る

松田法律事務所が提供する基礎知識

  • 傷害罪

    傷害罪

    刑法第204条 「人の身体を傷害した者は、十五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。」 傷害罪...

  • 債務整理に関するご相談は松田法律事務所にお任せください

    債務整理に関するご相談...

    債務整理をお考えの場合は、法律の専門家である弁護士に相談するのが一番です。 弁護士以外にも、司法書士...

  • 騒音・振動

    騒音・振動

    マンションやアパートに住みんでいる時、日常生活で最も気を付けなければならないのテーマが「騒音・振動トラ...

  • 相続人調査

    相続人調査

    相続を開始するにあたって、まず相続人が誰であるのかを確定しなければなりません。なぜならば、遺産の分け方...

  • ギャンブル依存症による借金

    ギャンブル依存症による借金

    「株や競馬にハマってしまい、いつの間にか巨額の借金を抱えてしまった」 このようにギャンブルや浪費が原因...

  • 裁判離婚

    裁判離婚

    ■裁判離婚とは 裁判離婚とは、裁判の判決により離婚を成立させる方法です。裁判所に離婚裁判を訴えた人を原...

  • 詐欺罪

    詐欺罪

    刑法第246条1項「人を欺いて財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。」 2項「前項の方法により...

  • 親権と監護権

    親権と監護権

    ■親権・監護権とは 親の子に対する権利義務には、親権と監護権があります。 親権とは、未成年の子どもの...

  • 窃盗罪

    窃盗罪

    刑法第235条 「他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、十年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する...

よく検索されるキーワード

代表弁護士

松田 隆太郎
弁護士
松田 隆太郎
経歴
1970年生まれ
1997年 東京大学法学部卒業
2000年 弁護士登録(第二東京弁護士会) 第53期
いわゆる一般民事事件や刑事事件を広く取り扱う事務所に勤務
2005年 独立して事務所を設立

事務所概要

事務所名 松田法律事務所
代表弁護士 松田 隆太郎
所在地 東京都千代田区一番町6-4 ライオンズマンション一番町第2 512号
電話番号 03-6272-6097
FAX番号 03-6272-6098
受付時間 10:00~18:00 (土日祝日除く)
※ただし、事前にご予約をいただければ、上記時間帯以外、また土日祝日も対応いたします。
定休日 土曜・日曜・祝日
URL http://www.matsuda-law.biz/

ページトップへ