03-6272-6097 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
10:00~18:00

刑事事件 弁護士 千代田区

  1. 松田法律事務所 >
  2. 刑事事件 弁護士 千代田区

刑事事件 または 弁護士 または 千代田区に関する基礎知識記事や事例

  • 建物明け渡し・立ち退き建物明け渡し・立ち退き

    賃貸人が賃借人に対し、建物を強制的に明け渡してもらう訴訟の事を「明け渡し訴訟」と呼びます。この明け渡し訴訟が発生する原因として、賃借人の家賃滞納・騒音トラブル・別の賃借人からの苦情などが挙げられ...

  • 傷害罪傷害罪

    刑法第204条 「人の身体を傷害した者は、十五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。」 傷害罪が成立する条件は、「他人の身体を傷害した」ことです。「傷害」とは『人の生理的機能に障害を加え...

  • 相続人調査相続人調査

    相続を開始するにあたって、まず相続人が誰であるのかを確定しなければなりません。なぜならば、遺産の分け方を話し合い(遺産分割協議)、遺産分割協議書を作成するには、相続人全員の署名押捺が必要だからで...

  • 任意売却任意売却

    不動産を担保にお金を借り入れた人が返済不可能な状況に陥った場合、銀行などの債権者は、残ったローンの全額一括返済を求めてきます。 返済不能な状況で一括返済を行うことは不可能であるため、担保を設定し...

  • 強姦罪強姦罪

    刑法第177条 「十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛こう 門性交又は口腔くう 性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、五年以上の有期懲役に処する。十三歳未満...

  • 遺言遺言

    遺言書の種類には普通方式(公正証書遺言、自筆証書遺言、秘密証書遺言)と特別方式(死亡危急者の遺言(民法976条)・船舶遭難者の遺言(979条)・伝染病隔離者の遺言(977条)・在船者の遺言(97...

  • 詐欺罪詐欺罪

    刑法第246条1項「人を欺いて財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。」 2項「前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。」 詐欺罪は、振り...

  • 痴漢・わいせつ痴漢・わいせつ

    痴漢とは、混み合った電車の中で異性の体を触る行為や身体や股間を押し付ける行為、盗撮行為などをいい、一般的には、公の場で相手の意に反して性的行為を行うこと、という定義がなされます。 痴漢罪という...

  • 窃盗で後日逮捕されるケースとは窃盗で後日逮捕されるケースとは

    「窃盗」とは、人の財物を窃取することであり、窃取は他人の占有する財物をその占有者の意思に反して自己又は第三者の占有に移すという意味です。簡単に言えば他人の財物を奪うことです。 こうした窃盗事件...

  • 借金を減額するには借金を減額するには

    借金の返済を続けているにもかかわらず、なかなか借金が減らないという状況に悩まされるケースは少なくありません。そんなときは、借金の減額を考えることができます。 借金を減額するには、債務整理と呼ば...

松田法律事務所が提供する基礎知識

  • 賃料・家賃交渉

    賃料・家賃交渉

    建物を貸す賃貸人と、建物を借りる賃借人にとって最も興味を引くテーマが、家賃や賃料に関する問題です。 あ...

  • 騒音・振動

    騒音・振動

    マンションやアパートに住みんでいる時、日常生活で最も気を付けなければならないのテーマが「騒音・振動トラ...

  • 痴漢・わいせつ

    痴漢・わいせつ

    痴漢とは、混み合った電車の中で異性の体を触る行為や身体や股間を押し付ける行為、盗撮行為などをいい、一般...

  • 裁判離婚

    裁判離婚

    ■裁判離婚とは 裁判離婚とは、裁判の判決により離婚を成立させる方法です。裁判所に離婚裁判を訴えた人を原...

  • 面会交流権

    面会交流権

    ■面会交流権とは 面会交流権とは、離婚により親権を失い、子どもと別居することになった親が、定期的に子ど...

  • 欠陥住宅

    欠陥住宅

    不動産売買契約により建物を入手する時には、契約書をしっかりと確認し問題点をあらかじめ見つけておくことが...

  • 離婚とお金

    離婚とお金

    離婚とお金の問題には、慰謝料・財産分与・養育費・婚姻費用分担請求などがあります。 ■慰謝料 慰謝料と...

  • 審判離婚

    審判離婚

    ■審判離婚とは 審判とは、調停での合意ができそうで、惜しくもできなかった場合に職権で出される判断です。...

  • 窃盗罪

    窃盗罪

    刑法第235条 「他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、十年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する...

よく検索されるキーワード

ページトップへ