03-6272-6097 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
10:00~18:00

債務整理 松田法律事務所

  1. 松田法律事務所 >
  2. 債務整理 松田法律事務所

債務整理 松田法律事務所に関する基礎知識記事や事例

  • 個人再生個人再生

    個人再生は裁判所での手続きを踏むことで、すべての債務のうち一部を返済免除にして貰い、残りの債務を原則3年間で返済する債務整理の手段です。返済期間は場合によって5年まで延長することができます。 ...

  • 借金を減額するには借金を減額するには

    借金の返済を続けているにもかかわらず、なかなか借金が減らないという状況に悩まされるケースは少なくありません。そんなときは、借金の減額を考えることができます。 借金を減額するには、債務整理と呼ば...

  • 大田区で借金などでお悩みの方は債務整理の経験豊富な弁護士にご相談ください大田区で借金などでお悩みの方は債務整理の経験豊富な弁護士にご相談ください

    「数年前から借金を繰り返しており、自己破産すべきか悩んでいる」 「借金を返すために借金をするという状況が続いており、自分の力では現状を改善できない」 「ヤミ金からお金を借りてしまい、執拗な取り立...

  • 養育費を増額する方法養育費を増額する方法

    離婚をした際、相手方に養育費を請求できます。養育費とは、子どもの監護や教育のために必要な費用のことをいいます。通常、子どもが自立するまでの費用として、衣食住のための生活費、教育費、医療費などが含...

  • 債務整理に関するご相談は松田法律事務所にお任せください債務整理に関するご相談は松田法律事務所にお任せください

    債務整理をお考えの場合は、法律の専門家である弁護士に相談するのが一番です。 弁護士以外にも、司法書士が債務整理を一部担当することができますが、「簡易裁判所での代理権」しか認められていませんので...

  • 仮想通貨や株式投資で大損した場合は弁護士に相談しましょう仮想通貨や株式投資で大損した場合は弁護士に相談しましょう

    近年、インターネット上でのサービスの対価に使用される、仮想通貨の利用が増加しています。仮想通貨は主に、送金、決済、投資の使途で使われます。現物の金銭が無くても取引ができる仮想通貨は便利ですが、リ...

  • 別居時の生活費は配偶者に請求できる?別居時の生活費は配偶者に請求できる?

    夫婦は、互いに婚姻費用を分担する義務を負っています。法律上、「夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担する」(民法760条)と定められています。婚姻費用の中には...

  • 任意整理任意整理

    任意整理とは、裁判所を介することなく直接債権者と債務者が交渉をして、遅延損害金や将来利息の免除を求める債務整理の一つの手段です。交渉がまとまった場合、多くのケースでは将来利息等を除いた残債務額を...

  • 債務整理の流れ債務整理の流れ

    債務整理を検討する場合、まずは借金の状況を把握するとことから始めましょう。 多重債務者になると、銀行やクレジットカード、消費者金融、友人などのあらゆるところから借金をしているため、誰からいくら借...

  • 過払い金請求過払い金請求

    借金をした場合、借りたお金(元本)だけでなく、利息も債権者に支払うことになります。 この利息の上限は、利息制限法という法律で規定されています。元本10万円未満なら年率20%、10万円以上100万...

松田法律事務所が提供する基礎知識

  • 建物明け渡し・立ち退き

    建物明け渡し・立ち退き

    賃貸人が賃借人に対し、建物を強制的に明け渡してもらう訴訟の事を「明け渡し訴訟」と呼びます。この明け渡し...

  • 債務整理に関するご相談は松田法律事務所にお任せください

    債務整理に関するご相談...

    債務整理をお考えの場合は、法律の専門家である弁護士に相談するのが一番です。 弁護士以外にも、司法書士...

  • 仮想通貨や株式投資で大損した場合は弁護士に相談しましょう

    仮想通貨や株式投資で大...

    近年、インターネット上でのサービスの対価に使用される、仮想通貨の利用が増加しています。仮想通貨は主に、...

  • 自筆証書遺言の保管制度や遺言書作成のルールが緩和された点について

    自筆証書遺言の保管制度...

    上記の相続法における改正ポイントの他にも、遺言に関するルールが大きく変更されました。 遺言は、全てのご...

  • 借地権

    借地権

    借地契約とは、建物所有を目的とする地上権及び土地の賃借権に関する契約のことを言います。賃貸借に関する規...

  • 窃盗罪

    窃盗罪

    刑法第235条 「他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、十年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する...

  • 暴行罪

    暴行罪

    刑法第208条 「暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、二年以下の懲役若しくは三十万円以下...

  • 窃盗で後日逮捕されるケースとは

    窃盗で後日逮捕されるケ...

    「窃盗」とは、人の財物を窃取することであり、窃取は他人の占有する財物をその占有者の意思に反して自己又は...

  • 欠陥住宅

    欠陥住宅

    不動産売買契約により建物を入手する時には、契約書をしっかりと確認し問題点をあらかじめ見つけておくことが...

よく検索されるキーワード

ページトップへ