03-6272-6097 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
10:00~18:00

詐欺罪

  1. 松田法律事務所 >
  2. 刑事事件に関する記事一覧 >
  3. 詐欺罪

詐欺罪

刑法第246条1項「人を欺いて財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。」
2項「前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。」

詐欺罪は、振り込め詐欺、結婚詐欺、無賃乗車・無銭飲食など様々な種類があります。そして、詐欺の手口は年々巧妙になってきています。

通常の詐欺罪(刑法246条)は次の2つに分類されます。
1項詐欺罪:人を欺いて財物(動産、不動産、電気など)の交付を受ける場合
2項詐欺罪:人を欺いて財産上不法の利益を得る(または他人に得させる)場合

詐欺罪で有罪判決を受けたときの法定刑は10年以下の懲役です。罰金刑がないことが特徴ですが、詐欺行為によって取得した金銭は持ち主に返却する義務があります。量刑について、生じた損害額が大きい場合は、重くなる傾向があります。また、詐欺事件の行為が振り込め詐欺のような組織的なものである場合も、行為が悪質と評価され、量刑が重くなる傾向があります。
詐欺罪においては、生じた損害が軽微で態様が悪質でないケースでは、初犯であれば執行猶予になる可能性があります。執行猶予になるためには、詐欺事件の被害者に謝罪と賠償を尽くし、示談を成立させることがポイントです。
公訴時効は7年です。

松田法律事務所では、東京都を中心とした関東圏において、離婚・相続・刑事事件等に関するご相談を承っております。特に刑事事件は時間との戦いです。身内が逮捕された際は、早急にご相談ください。

松田法律事務所が提供する基礎知識

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続人は絶対に相続を承認して故人の権利義務を承継しなければいけないわけではなく、相続を放棄することもで...

  • 不動産トラブルの流れ

    不動産トラブルの流れ

    「不動産トラブル」と一言でいっても、様々なトラブルが不動産には存在します。 一般的に土地や建物の不動産...

  • 過払い金請求

    過払い金請求

    借金をした場合、借りたお金(元本)だけでなく、利息も債権者に支払うことになります。 この利息の上限は、...

  • 欠陥住宅

    欠陥住宅

    不動産売買契約により建物を入手する時には、契約書をしっかりと確認し問題点をあらかじめ見つけておくことが...

  • 離婚と子供

    離婚と子供

    離婚と子どもに関わる問題として、親権と監護権、養育費、氏や戸籍の変更、面会交流があります。 ■親権と...

  • 強姦罪

    強姦罪

    刑法第177条 「十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛こう 門性交又は口腔くう 性交(以...

  • 痴漢・わいせつ

    痴漢・わいせつ

    痴漢とは、混み合った電車の中で異性の体を触る行為や身体や股間を押し付ける行為、盗撮行為などをいい、一般...

  • 窃盗罪

    窃盗罪

    刑法第235条 「他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、十年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する...

  • 調停離婚

    調停離婚

    ■調停離婚とは 調停離婚とは、家庭裁判所での離婚調停を利用して離婚を成立させる方法です。協議離婚での合...

よく検索されるキーワード

ページトップへ