03-6272-6097 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
10:00~18:00

無効にならない遺産分割協議書の書き方

  1. 松田法律事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 無効にならない遺産分割協議書の書き方

無効にならない遺産分割協議書の書き方

相続が開始して、共同相続人間で遺産を分割する際には、遺産分割協議書を作成しましょう。これを作成することで、紛争を防止することにもつながります。
もっとも、法的に正確な遺産分割協議書を作成しなければ、書面は無効になってしまいます。これでは、また協議をやり直さなければなりません。

遺産分割書の書き方について、書式やルールなどはありませんが、必ず記載しなければならない事項があります。それは、被相続人の情報や財産の記載、誰がどの財産を取得したか、預貯金、日付、署名押印です。そのため、後になって新たな財産が見つかった、相続人が他にもいた、などのことがあれば、遺産分割協議書は無効になってしまいます。

また、不動産を相続する場合には、相続登記をしなければなりません。相続登記をする際には遺産分割協議書が必要となりますが、その場合は不動産のみの記載で構いません。不動産を承継する人とその持分について正確に記載します。

協議書を作成するにあたって必要な書類は、被相続人の戸籍謄本や住民票の除票、戸籍の附票、相続人全員の戸籍謄本、印鑑証明書、実印です。そして作成した遺産分割協議書は、金融機関、法務局などに提出します。正確な遺産分割協議を作成するには、専門家に相談しながら作成することをおすすめします。

相続でお困りの方は、松田法律事務所までご相談ください。当事務所は。東京都千代田区、大田区を中心にご相談を承っております。取扱業務は債務整理だけでなく、離婚、債務整理、刑事事件、不動産問題についてなど、多岐にわたっております。ご連絡お待ちしております。

松田法律事務所が提供する基礎知識

  • 婚姻費用分担請求

    婚姻費用分担請求

    ■婚姻費用分担請求とは 婚姻費用分担請求とは、婚姻期間中の生活費の請求のことをいいます。夫婦には互いに...

  • 窃盗で後日逮捕されるケースとは

    窃盗で後日逮捕されるケ...

    「窃盗」とは、人の財物を窃取することであり、窃取は他人の占有する財物をその占有者の意思に反して自己又は...

  • 殺人罪

    殺人罪

    刑法第199条 「人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。」 殺人罪が成立する条...

  • 大田区で借金などでお悩みの方は債務整理の経験豊富な弁護士にご相談ください

    大田区で借金などでお悩...

    「数年前から借金を繰り返しており、自己破産すべきか悩んでいる」 「借金を返すために借金をするという状況...

  • 借地権

    借地権

    借地契約とは、建物所有を目的とする地上権及び土地の賃借権に関する契約のことを言います。賃貸借に関する規...

  • 債務整理に関するご相談は松田法律事務所にお任せください

    債務整理に関するご相談...

    債務整理をお考えの場合は、法律の専門家である弁護士に相談するのが一番です。 弁護士以外にも、司法書士...

  • 土地の境界線

    土地の境界線

    自分の土地と隣人の土地の境界線を定めておくことは非常に大切です。境界線があることによって、隣人との紛争...

  • 建物明け渡し・立ち退き

    建物明け渡し・立ち退き

    賃貸人が賃借人に対し、建物を強制的に明け渡してもらう訴訟の事を「明け渡し訴訟」と呼びます。この明け渡し...

  • 協議離婚

    協議離婚

    ■協議離婚とは 協議離婚とは、夫婦間の話し合いによって離婚条件を確定し、離婚届を提出するという方法です...

よく検索されるキーワード

ページトップへ