03-6272-6097 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
10:00~18:00

刑事事件に関するご相談は松田法律事務所にお任せください

  1. 松田法律事務所 >
  2. 刑事事件に関する記事一覧 >
  3. 刑事事件に関するご相談は松田法律事務所にお任せください

刑事事件に関するご相談は松田法律事務所にお任せください

刑事事件において弁護士に相談する主なメリットを記載します。

①高度な法的知識
確かに刑事事件において弁護人に認められることは、多くの場合、被疑者・被告人自身でも行うことができます。しかし、制度上可能ということと、実際に個人で弁護活動を行うことは不可能です。なぜなら、刑事事件を自己に有利なように進めていくためには高度の法知識が必要であるからです。

②事件化阻止
被害者のいる事件については、被害者と示談をし、被害届を提出しない旨の文書を作成することで、事件化を阻止することができます。確かに被害者・加害者及びその家族同士で示談交渉をすることもできますが、不当に高額な示談金を請求されることもあります。そこで、法律のプロである第三者の弁護士を介することで悪い結果を避けることができます。

③接見交通権
接見交通権とは、身体の拘束を受けている被疑者または被告人が外部の人物と面会し、また書類や物品の授受をすることができる権利をいいます。逮捕から勾留までの期間においては弁護人にしか接見交通権が認められていません。この期間内に弁護人からアドバイスをもらうことができるか否かは、その後の手続きを有利に進めていくにあたって重要なポイントとなります。

起訴を避けるためには逮捕されてから23日以内に不起訴を勝ち取るための証拠集めや示談交渉を行わなければなりません。つまり、刑事事件は時間との戦いなのです。弁護士への依頼が早ければ早いほど不起訴・釈放のチャンスが大きくなります。そのため、身内が逮捕されたのであれば、真っ先に弁護士へと相談することをおすすめします。

松田法律事務所では、刑事事件に関するご相談を承っております。身内が逮捕された際は、早急にご相談ください。

松田法律事務所が提供する基礎知識

  • 離婚と子供

    離婚と子供

    離婚と子どもに関わる問題として、親権と監護権、養育費、氏や戸籍の変更、面会交流があります。 ■親権と...

  • ギャンブル依存症による借金

    ギャンブル依存症による借金

    「株や競馬にハマってしまい、いつの間にか巨額の借金を抱えてしまった」 このようにギャンブルや浪費が原因...

  • 欠陥住宅

    欠陥住宅

    不動産売買契約により建物を入手する時には、契約書をしっかりと確認し問題点をあらかじめ見つけておくことが...

  • 窃盗罪

    窃盗罪

    刑法第235条 「他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、十年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する...

  • 相続の流れ

    相続の流れ

    相続にはある程度決められた流れがあります。以下、流れに沿って説明します。 ①相続人調査 相続を開始す...

  • 殺人罪

    殺人罪

    刑法第199条 「人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。」 殺人罪が成立する条...

  • 自己破産

    自己破産

    裁判所に申立てを行い、裁判所の命令で借金の支払い義務を免除して貰う手続きのことを「自己破産」といいます...

  • 審判離婚

    審判離婚

    ■審判離婚とは 審判とは、調停での合意ができそうで、惜しくもできなかった場合に職権で出される判断です。...

  • 相続法の改正で何がどういつから変わったか

    相続法の改正で何がどう...

    2018年に相続法の改正が発表されましたが、その後具体的に何が変わるのか、よく知らない・分からないとい...

よく検索されるキーワード

ページトップへ