03-6272-6097 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
10:00~18:00

明け渡し請求訴訟 手続き

  1. 松田法律事務所 >
  2. 明け渡し請求訴訟 手続き

明け渡し請求訴訟 または 手続きに関する基礎知識記事や事例

  • 強姦罪強姦罪

    刑法第177条 「十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛こう 門性交又は口腔くう 性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、五年以上の有期懲役に処する。十三歳未満...

  • 債務整理に関するご相談は松田法律事務所にお任せください債務整理に関するご相談は松田法律事務所にお任せください

    債務整理をお考えの場合は、法律の専門家である弁護士に相談するのが一番です。 弁護士以外にも、司法書士が債務整理を一部担当することができますが、「簡易裁判所での代理権」しか認められていませんので...

  • 個人再生個人再生

    個人再生は裁判所での手続きを踏むことで、すべての債務のうち一部を返済免除にして貰い、残りの債務を原則3年間で返済する債務整理の手段です。返済期間は場合によって5年まで延長することができます。 ...

  • 不動産に関するご相談は松田法律事務所にお任せください不動産に関するご相談は松田法律事務所にお任せください

    不動産は動産と比較しても資産価値が高いため、なるべく不動産取引で損はしたくないものです。しかし、どんなに注意深く契約書を読んだり業者からの説明を丁寧に受けたとしても、物件購入後に瑕疵が見つかって...

  • 任意整理・個人再生・自己破産の違い任意整理・個人再生・自己破産の違い

    債務整理には、代表的なものとして(1)任意整理、(2)個人再生、(3)自己破産、といった手続きがあります。 (1)任意整理 任意整理とは、裁判所を通さずに借金の減額や金利の引き直しなどについて...

  • 刑事事件の流れ刑事事件の流れ

    刑事事件には一連の流れと時間制限があります。これら流れと時間制限は、刑事訴訟法によって法的に決められています。 厳格な時間制限のある理由は、逮捕後の容疑者は有罪判決を受けるまでは無罪と推定される...

  • 離婚後の氏と戸籍離婚後の氏と戸籍

    ■夫の戸籍 夫(妻が筆頭者の場合は妻)の戸籍は、離婚しても特に変わりません。結婚すると夫婦ともに新たな戸籍を作り、そこに入りますが、筆頭者は離婚後も新しい戸籍に残り続けます。 ■妻の戸籍 妻の...

  • 建物明け渡し・立ち退き建物明け渡し・立ち退き

    賃貸人が賃借人に対し、建物を強制的に明け渡してもらう訴訟の事を「明け渡し訴訟」と呼びます。この明け渡し訴訟が発生する原因として、賃借人の家賃滞納・騒音トラブル・別の賃借人からの苦情などが挙げられ...

  • 自己破産自己破産

    裁判所に申立てを行い、裁判所の命令で借金の支払い義務を免除して貰う手続きのことを「自己破産」といいます。実質、借金がなくなることになりますが、それと同時に保有する資産もすべて清算しなければなりま...

  • 土地の境界線土地の境界線

    自分の土地と隣人の土地の境界線を定めておくことは非常に大切です。境界線があることによって、隣人との紛争を未然に防止することが見込めますし、土地の売買取引を行う際にも、土地の地積を図る重要な指標と...

松田法律事務所が提供する基礎知識

  • 騒音・振動

    騒音・振動

    マンションやアパートに住みんでいる時、日常生活で最も気を付けなければならないのテーマが「騒音・振動トラ...

  • 窃盗罪

    窃盗罪

    刑法第235条 「他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、十年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する...

  • 相続の流れ

    相続の流れ

    相続にはある程度決められた流れがあります。以下、流れに沿って説明します。 ①相続人調査 相続を開始す...

  • 自筆証書遺言の保管制度や遺言書作成のルールが緩和された点について

    自筆証書遺言の保管制度...

    上記の相続法における改正ポイントの他にも、遺言に関するルールが大きく変更されました。 遺言は、全てのご...

  • 審判離婚

    審判離婚

    ■審判離婚とは 審判とは、調停での合意ができそうで、惜しくもできなかった場合に職権で出される判断です。...

  • 調停離婚

    調停離婚

    ■調停離婚とは 調停離婚とは、家庭裁判所での離婚調停を利用して離婚を成立させる方法です。協議離婚での合...

  • 傷害罪

    傷害罪

    刑法第204条 「人の身体を傷害した者は、十五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。」 傷害罪...

  • 不動産に関するご相談は松田法律事務所にお任せください

    不動産に関するご相談は...

    不動産は動産と比較しても資産価値が高いため、なるべく不動産取引で損はしたくないものです。しかし、どんな...

  • 借地権

    借地権

    借地契約とは、建物所有を目的とする地上権及び土地の賃借権に関する契約のことを言います。賃貸借に関する規...

よく検索されるキーワード

ページトップへ