03-6272-6097 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
10:00~18:00

親権と監護権

  1. 松田法律事務所 >
  2. 離婚に関する記事一覧 >
  3. 親権と監護権

親権と監護権

■親権・監護権とは
親の子に対する権利義務には、親権と監護権があります。

親権とは、未成年の子どもの身の回りの世話を行い、また、子どもの財産の管理を代理する権利義務です。身の回りの世話を行う権利を身上監護権といい、具体的な内容としては居住指定権・懲戒権(しつけを行う権利)・職業許可権・身分行為の代理権があります。

監護権は親権に包含される権利で、身上監護権の身を取り出したものということができます。親権と監護権は同一の人物に帰属するのが原則で、離婚後はどちらか一方の親が監護権と財産管理権を有するのが通常です。しかし、必要に応じて財産管理権と監護権を別々に帰属させることもできます。

■親権者の決定
誰が親権者となるかを決めることは、離婚を成立させるための条件にもなります。これは、離婚届の必須記入事項となっているためです。

親権者の決定もほかの決定事項同様、両者の話し合いによる合意で行います。そして、合意ができない場合には調停・裁判で争います。

裁判での判断は、どちらの下で暮らすのが子供にとってプラスになるかという観点で行われます。すなわち、身の周りの世話が可能か、子どもへの愛情は確かか、収入は安定しているか、周囲に代理の世話役がいるかといった点が考慮されます。

一般に、子どもが幼いうちは、細やかな世話がしやすい母親が有利になるといわれています。そして、子どもに十分な判断が可能であれば、子ども自身の意思が尊重されます。裁判で親権を争う場合は、子どもにとって良い教育環境を与えられることをアピールしていきましょう。

松田法律事務所が提供する基礎知識

  • 債務整理の流れ

    債務整理の流れ

    債務整理を検討する場合、まずは借金の状況を把握するとことから始めましょう。 多重債務者になると、銀行や...

  • 不動産に関するご相談は松田法律事務所にお任せください

    不動産に関するご相談は...

    不動産は動産と比較しても資産価値が高いため、なるべく不動産取引で損はしたくないものです。しかし、どんな...

  • 痴漢・わいせつ

    痴漢・わいせつ

    痴漢とは、混み合った電車の中で異性の体を触る行為や身体や股間を押し付ける行為、盗撮行為などをいい、一般...

  • 任意売却

    任意売却

    不動産を担保にお金を借り入れた人が返済不可能な状況に陥った場合、銀行などの債権者は、残ったローンの全額...

  • 過払い金請求

    過払い金請求

    借金をした場合、借りたお金(元本)だけでなく、利息も債権者に支払うことになります。 この利息の上限は、...

  • 成年後見

    成年後見

    成年後見は精神上の障害 (知的障害、精神障害、認知症など)により判断能力を欠いている方が不利益を被らな...

  • 騒音・振動

    騒音・振動

    マンションやアパートに住みんでいる時、日常生活で最も気を付けなければならないのテーマが「騒音・振動トラ...

  • 面会交流権

    面会交流権

    ■面会交流権とは 面会交流権とは、離婚により親権を失い、子どもと別居することになった親が、定期的に子ど...

  • 遺言

    遺言

    遺言書の種類には普通方式(公正証書遺言、自筆証書遺言、秘密証書遺言)と特別方式(死亡危急者の遺言(民法...

よく検索されるキーワード

ページトップへ