03-6272-6097 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
10:00~18:00

裁判離婚

  1. 松田法律事務所 >
  2. 離婚に関する記事一覧 >
  3. 裁判離婚

裁判離婚

■裁判離婚とは
裁判離婚とは、裁判の判決により離婚を成立させる方法です。裁判所に離婚裁判を訴えた人を原告、訴えられて人を被告と言います。

裁判離婚の最大の特徴は、両者の合意を要件としていないことです。その反面、相手が離婚を拒否する場合には、法定離婚事由の該当性を立証しなくてはなりません。法定離婚事由には、①不貞行為、②悪意の遺棄、③生死が3年以上不明、④重度で回復見込みのない精神病、⑤その他婚姻を継続し難い重大な見込みがあるときに限られています。⑤に当てはまる例として、DVの被害などが挙げられます。

■裁判上の心得
裁判では、主張や証拠を出し合って裁判官の判決を有利な方向に動かすことになります。離婚を考えるようになったら、こちらの主張を裏付ける証拠を十分に集めるようにしましょう。

また、訴訟行為を自分自身で行うことは不可能ではありませんが、相手方もおそらく弁護士を依頼してきます。

そこで、初回相談無料などのサービスも活用して信頼できる弁護士を見つけ、依頼してみることをお勧めします。同じ弁護士の中でも、得意分野や専門分野にはばらつきがあります。できる限り離婚分野の経験や知識が豊富な心強い弁護士に依頼しましょう。

松田法律事務所が提供する基礎知識

  • 刑事事件に関するご相談は松田法律事務所にお任せください

    刑事事件に関するご相談...

    刑事事件において弁護士に相談する主なメリットを記載します。 ①高度な法的知識 確かに刑事事件において...

  • 自筆証書遺言の保管制度や遺言書作成のルールが緩和された点について

    自筆証書遺言の保管制度...

    上記の相続法における改正ポイントの他にも、遺言に関するルールが大きく変更されました。 遺言は、全てのご...

  • 債務整理に関するご相談は松田法律事務所にお任せください

    債務整理に関するご相談...

    債務整理をお考えの場合は、法律の専門家である弁護士に相談するのが一番です。 弁護士以外にも、司法書士...

  • 傷害罪

    傷害罪

    刑法第204条 「人の身体を傷害した者は、十五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。」 傷害罪...

  • 別居時の生活費は配偶者に請求できる?

    別居時の生活費は配偶者...

    夫婦は、互いに婚姻費用を分担する義務を負っています。法律上、「夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を...

  • 賃料・家賃交渉

    賃料・家賃交渉

    建物を貸す賃貸人と、建物を借りる賃借人にとって最も興味を引くテーマが、家賃や賃料に関する問題です。 あ...

  • 殺人罪

    殺人罪

    刑法第199条 「人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。」 殺人罪が成立する条...

  • 慰謝料(不貞行為など)

    慰謝料(不貞行為など)

    ■慰謝料とは 慰謝料は不法行為による損害賠償(709条)の一種で、相手方の不法行為によって生じた精神的...

  • ギャンブル依存症による借金

    ギャンブル依存症による借金

    「株や競馬にハマってしまい、いつの間にか巨額の借金を抱えてしまった」 このようにギャンブルや浪費が原因...

よく検索されるキーワード

ページトップへ