03-6272-6097 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
10:00~18:00

殺人罪

  1. 松田法律事務所 >
  2. 刑事事件に関する記事一覧 >
  3. 殺人罪

殺人罪

刑法第199条 「人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。」

殺人罪が成立する条件は「人を」「殺した」です。刑法上、胎児が母体から一部露出した状態から「人」とみなされます。なぜなら、胎児が母体から一部でも露出すれば、これに対する直接的な侵害は可能であり、既にその時点において人として保護されるべきだからです。「殺した」とは『殺意をもって、自然の始期に先立って、他人の生命を断絶すること』をいいます。

殺人罪においては、『殺意をもっていたか』ということが重要なポイントであり、殺意が無く人を殺してしまった場合は、過失致死罪(刑法110条)もしくは傷害致死罪(刑法205条)となり、法定刑が軽くなります。殺意の認定にあたっては、計画性、動機、使用した凶器(出刃包丁かカッターナイフかなど)、攻撃した場所(心臓か手足かなど)、攻撃した回数(複数回か1回か)などが考慮要素となります。

殺人罪の法定刑は死刑、無期懲役又は5年以上の懲役です。ただし、殺人罪でも執行猶予がつく可能性はあります。殺人罪の公訴時効はありません。

なお、殺人罪は未遂も罰せられる(刑法203条)ほか、人の生命を奪うという結果の重大性から、殺人のための準備行為をしたにすぎない場合にも罰せられます(刑法201条殺人予備罪:「殺人の罪を犯す目的で、その予備をした者は二年以下の懲役に処す」)。また、被害者から殺害することへの同意があった場合にも罰せられます(刑法202条後段同意殺人罪:「人をその嘱託を受け若しくは、その承諾を得て殺したものは六月以上七年以下の懲役または禁錮に処す」)。

松田法律事務所では、東京都を中心とした関東圏において、離婚・相続・刑事事件等に関するご相談を承っております。特に刑事事件は時間との戦いです。身内が逮捕された際は、早急にご相談ください。

松田法律事務所が提供する基礎知識

  • 遺留分減殺請求

    遺留分減殺請求

    遺留分とは法律の定めによって相続人が相続できる最低限の割合のことです。遺言書を作成すれば法定相続人以外...

  • 相続に関するご相談は松田法律事務所にお任せください

    相続に関するご相談は松...

    遺産を巡り兄弟同士で骨肉の争いをし、その後もぎくしゃくするほど悲しいことはありません。こんな事態になら...

  • ギャンブル依存症による借金

    ギャンブル依存症による借金

    「株や競馬にハマってしまい、いつの間にか巨額の借金を抱えてしまった」 このようにギャンブルや浪費が原因...

  • 不動産に関するご相談は松田法律事務所にお任せください

    不動産に関するご相談は...

    不動産は動産と比較しても資産価値が高いため、なるべく不動産取引で損はしたくないものです。しかし、どんな...

  • 調停離婚

    調停離婚

    ■調停離婚とは 調停離婚とは、家庭裁判所での離婚調停を利用して離婚を成立させる方法です。協議離婚での合...

  • 個人再生

    個人再生

    個人再生は裁判所での手続きを踏むことで、すべての債務のうち一部を返済免除にして貰い、残りの債務を原則3...

  • ヤミ金対応

    ヤミ金対応

    漫画やドラマなどでよく聞く「ヤミ金」ですが、実際にはどのような業者のことを指すのでしょうか。 一般的に...

  • 慰謝料(不貞行為など)

    慰謝料(不貞行為など)

    ■慰謝料とは 慰謝料は不法行為による損害賠償(709条)の一種で、相手方の不法行為によって生じた精神的...

  • 大田区で借金などでお悩みの方は債務整理の経験豊富な弁護士にご相談ください

    大田区で借金などでお悩...

    「数年前から借金を繰り返しており、自己破産すべきか悩んでいる」 「借金を返すために借金をするという状況...

よく検索されるキーワード

ページトップへ