03-6272-6097 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
10:00~18:00

暴行罪 証拠

  1. 松田法律事務所 >
  2. 暴行罪 証拠

暴行罪 または 証拠に関する基礎知識記事や事例

  • 暴行罪暴行罪

    刑法第208条 「暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、二年以下の懲役若しくは三十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。」 暴行罪が成立する条件は、「暴行を加え」ることです。...

  • 窃盗で後日逮捕されるケースとは窃盗で後日逮捕されるケースとは

    「窃盗」とは、人の財物を窃取することであり、窃取は他人の占有する財物をその占有者の意思に反して自己又は第三者の占有に移すという意味です。簡単に言えば他人の財物を奪うことです。 こうした窃盗事件...

  • 慰謝料(不貞行為など)慰謝料(不貞行為など)

    ■慰謝料とは 慰謝料は不法行為による損害賠償(709条)の一種で、相手方の不法行為によって生じた精神的苦痛への賠償金のことをいいます。 慰謝料を請求するためには、相手方の具体的な行為を対象とす...

  • 刑事事件の流れ刑事事件の流れ

    刑事事件には一連の流れと時間制限があります。これら流れと時間制限は、刑事訴訟法によって法的に決められています。 厳格な時間制限のある理由は、逮捕後の容疑者は有罪判決を受けるまでは無罪と推定される...

  • 裁判離婚裁判離婚

    ■裁判離婚とは 裁判離婚とは、裁判の判決により離婚を成立させる方法です。裁判所に離婚裁判を訴えた人を原告、訴えられて人を被告と言います。 裁判離婚の最大の特徴は、両者の合意を要件としていないこ...

  • 傷害罪傷害罪

    刑法第204条 「人の身体を傷害した者は、十五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。」 傷害罪が成立する条件は、「他人の身体を傷害した」ことです。「傷害」とは『人の生理的機能に障害を加え...

  • 刑事事件に関するご相談は松田法律事務所にお任せください刑事事件に関するご相談は松田法律事務所にお任せください

    刑事事件において弁護士に相談する主なメリットを記載します。 ①高度な法的知識 確かに刑事事件において弁護人に認められることは、多くの場合、被疑者・被告人自身でも行うことができます。しかし、制度...

松田法律事務所が提供する基礎知識

  • 遺言

    遺言

    遺言書の種類には普通方式(公正証書遺言、自筆証書遺言、秘密証書遺言)と特別方式(死亡危急者の遺言(民法...

  • ギャンブル依存症による借金

    ギャンブル依存症による借金

    「株や競馬にハマってしまい、いつの間にか巨額の借金を抱えてしまった」 このようにギャンブルや浪費が原因...

  • 離婚の種類と手続き

    離婚の種類と手続き

    離婚の種類は4種類あります。手続きは、最初に協議離婚を目指し、それが失敗すれば調停離婚、それがだめなら...

  • 婚姻費用分担請求

    婚姻費用分担請求

    ■婚姻費用分担請求とは 婚姻費用分担請求とは、婚姻期間中の生活費の請求のことをいいます。夫婦には互いに...

  • 賃料・家賃交渉

    賃料・家賃交渉

    建物を貸す賃貸人と、建物を借りる賃借人にとって最も興味を引くテーマが、家賃や賃料に関する問題です。 あ...

  • 傷害罪

    傷害罪

    刑法第204条 「人の身体を傷害した者は、十五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。」 傷害罪...

  • 過払い金請求

    過払い金請求

    借金をした場合、借りたお金(元本)だけでなく、利息も債権者に支払うことになります。 この利息の上限は、...

  • 離婚とお金

    離婚とお金

    離婚とお金の問題には、慰謝料・財産分与・養育費・婚姻費用分担請求などがあります。 ■慰謝料 慰謝料と...

  • 個人再生

    個人再生

    個人再生は裁判所での手続きを踏むことで、すべての債務のうち一部を返済免除にして貰い、残りの債務を原則3...

よく検索されるキーワード

ページトップへ